ウクライナにいいエンジニアが多い理由

東欧にはいいエンジニアが多いという話しを聞いた方もいるかもしれませんが、弊社代表天野がウクライナで仕事していると本当にいいエンジニアが多いと感じています。

ウクライナ人は数学が得意とか勤勉だからとかそういう単純な理由ではなくIT産業しかない現状がそうさせているところがあります。

ウクライナの産業構造
ウクライナは1991年に独立して今年で独立27年ですが、ソビエト時代はミサイルとかを作っている工場が多くあったそうです。なので科学系の大学も多くあり優秀な科学者が卒業しています。

ただ日本とか他の西欧の国の様にエンジニアリング系の大きい企業があるわけでもなく卒業しても基本ITに行くくらいしか選択肢がありません。

日本だと大学の工学部出て自動車メーカーとか電機メーカーとかに新卒で入っているような人材が全てIT企業に入るみたいな感じです。

日本の場合ITが盛り上がってきた90年代に既存産業の会社が一生懸命新卒を採用していったため、一部の新卒しかITに入らずに新しい産業へのシフトが起きなかったんでしょう。

ウクライナの経済危機
2014年ウクライナ騒乱の際に当時ロシア寄りだった大統領が逃亡し、政権がヨーロッパ寄りの政治家で置き換わったのですが、ソビエト崩壊後旧ソビエト内で最大の死者を出した騒乱ということや2015年のロシアのクリミア併合などが重なり2013年はじめから2014年末までの間にGDPが約半分になりました。

https://goo.gl/JwwY9M

ウクライナ国内の急激な経済の後退は通貨のフリブナ(UAH)の下落も起こし、2013年頃から比べて通貨の価値が日本円に対して約3分の1になっています。

https://www.xe.com/currencycharts/?from=UAH&to=JPY&view=5Y

ウクライナ国内にいると日本の物価の大体半分くらいの感じです。

この様な通貨安を経験しているウクライナではまともに外貨を稼げる唯一の産業のITが国の機関産業になっているのです。

どこのITの会社もほぼ100%外国からの仕事を受けて外貨を稼いでいるのです。
国内の仕事は単価も低くあまりやる理由はありません。

ITエンジニアしか稼げない
仕事の数もそうですが、ウクライナにいいエンジニアが多い一番の理由はやっぱり「稼げるから」です。

2018年のウクライナ国内の平均給料は月間$350くらいですが、ITエンジニアの給料は$2000くらい行くので普通の仕事をするのに比べて約6倍稼げます

この「普通の仕事」というのは日本で稼げる仕事と言われている医者や弁護士も含まれていて$500くらいしかもらえません。

ウクライナでは格差社会とかのんきな事を言っている余裕はなく、ITエンジニアやれば稼げて普通の人より数倍いい生活ができるからとみんな必死に英語とITを勉強しています。