PWAにすると改善するKPI

モバイルのwebアプリをPWAにする事で様々なKPIに改善が見られます。

この記事では各KPI改善をPWAプロジェクトの実績を見ながら紹介していきます。

 

サイトの初期ロード時間

PWAにすると以下の様な理由でサイトのロード時間が速くなります。

1. Javascriptのコードベース

PHPやRubyなどのサーバー側でUIが作成されたものをブラウザに送る仕組みに比べhtmlで用意されたファイルがJavascriptで必要なデータだけ取ってくるためパフォーマンス全体が上がります。

2. Service Worker + App Shell

PWAではコンテンツをキャッシュするService WorkerとUIの側だけを別に用意するApp Shellという仕組みが使われます。

App ShellをService Workerがキャッシュすることで2回目からサイトに訪問した場合はキャッシュされたApp Shellが使われサイトの側だけはブラウザに既に保存された物が使われるため、サイトが高速に表示されます。

サイトの初期ロードにはFirst Paint (画面に何か描写が始まる時間)とTime to interactive (実際にユーザーが何か操作を行える状態になるまでの時間)の2つがスピードを計るポイントになります。

PinterestのwebアプリではFirst Paintに4.2秒そしてTime to Interactiveまでには23秒かかっていたものがPWAにすることでFirst Paintが1.8秒そしてTime to Interactiveが5.6秒までに改善しました。

また2回め以降の訪問の際はService WorkerのApp Shellへのキャッシュが効いていてFirst Paintは0.8秒そしてTime to Interactiveも3.9sまで速くなっています。

出典:https://medium.com/dev-channel/a-pinterest-progressive-web-app-performance-case-study-3bd6ed2e6154

 

直帰率

Googleは「ECサイトの場合はサイトスピードは2秒以内にすべきで、Google社内では0.5以内を目指している」と表明しています。

「モバイルサイトのロードに3秒以上かかると53%のユーザーはサイトに来るのをやめてしまう」という統計もGoogleは発表しています。

これから言えるのはサイトのロード速度を速くすればするほど、直帰率を下げる事ができるということです。

出典:https://www.hobo-web.co.uk/your-website-design-should-load-in-4-seconds/

インドのジモティーの様に個人の広告が出せるクラシファイド広告サービスのOLXではPWA化することでTime to Interactiveが23%改善し、直帰率が80%下がったという結果が出ています。

 

滞在時間 / 訪問ページ数

PWAでアプリっぽい操作性のUXやJavascriptベースのコードでレスポンスを改善することでサイトの滞在時間が長くなります。

家具販売サイトのwest elmではwebアプリをPWAにすることで滞在時間が15%改善しました。

TwitterのPWA版のTwitter Liteではセッション毎の訪問ページ数が65%増加しました。

 

コンバージョン率

ロード時間を短縮し、直帰率を下げ、滞在時間を上げれば当然コンバージョン率があがります。

インドのホテルチェーンTreeboはPWA化することでコンバージョン率が4倍に上がりました

PinterestのPWA版はwebアプリ版に比べてユーザーコンテンツ経由の広告の売上が44%増加しました。

オンラインチケットサービスのBookMyShowはPWA化することで、コンバージョン率が80%増加して、売上が劇的に増加しました。

 

その他の事例

様々なKPI改善の事例はwww.pwastats.comに多く紹介されています。

 

 

 

Tags:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *